エネルギーとカロリーは違うの!?

ダイエット用語集
この記事は約3分で読めます。

ダイエットをはじめると、必ず耳にする「エネルギー」と「カロリー」。多くに方は、「エネルギー」=「カロリー」と思っているはず。私もそうでした。

「エネルギー」と「カロリー」の違いがわかりますか?

よく混同しがちなのが、消費エネルギーと消費カロリーですね。

「エネルギーとカロリーって、どう違うの?教えて!」と思っている方は、ダイエットに成功する可能性が高くなります。

正しい知識を持って、ダイエットをすれば無駄な時間をかけることはなくなります。

スポンサーリンク

エネルギーとカロリーは混同しがち

まずは、よくあるエネルギーとカロリーの説明文を見てみましょう。

私たちが食べ物を摂取することで得られるエネルギー摂取と、身体を動かすことで使われるエネルギー消費の収支バランスによって健康な身体を保っています。エネルギー摂取とエネルギー消費はkcal(キロカロリー)の単位で表されます。

 1kcalとは、水1kgを1℃上昇させるために必要な熱量のことを示します。エネルギー摂取量は摂取した食事が体内でどれだけの熱量を作りだせるかを表し、エネルギー消費量は生命維持活動や日常生活活動、運動でどれだけの熱量を使ったかを表します。

このように、エネルギーとカロリーは、同時に説明文にでることが大半です。
ゆえに、混同しやすいので、違いがわからなくなるのは当然です。

エネルギーは本質を表す

エネルギーとは、物理の授業で出てきた運動エネルギーや位置エネルギーといった物体が仕事をなし得る能力のことです。

ダイエットで言うと、人が運動することで得る力です。

腕立てをするには、腕をメインに運動するので、腕に力が必要です。
スクワットなら、お尻と太ももをメインで運動するので、そこに力が必要です。
ランニングでは、全身に運動する力が必要です。
この時の力がエネルギーです。

身近な例なら、歩くためには足を一歩前に出します。この時の一歩前に出す力がエネルギーです。歩き続ける力もエネルギーが必要です。

これら、エネルギーを使うことを、私たちは「エネルギーを消費する」と言います。「消費エネルギー」とも言います。

ねっ、カロリーなんて言葉は、でてきません。

カロリーは単位を指す

「1kgの水の温度を1℃上げるためには1kcalの熱量(エネルギー)が必要という定義」を見てみましょう。

カロリーは単位を指しています。数字の1はエネルギーのこと。エネルギーをただ単に1と言われても意味がわかりません。1kcalといわれると、「あっ、1kgの水を1℃上げるのに必要なエネルギーなんだ」とわかります。

カロリーは単位なので、どうしても説明するときにエネルギーという言葉が必要になります。カロリーという言葉はエネルギーがあって初めて使うことになりますので、ここでエネルギーとカロリーを混同しがちになります。

ダイエットで必ずカロリーが使われるのは、栄養学では熱量(エネルギー)はカロリーが使われているためです。

海外では、たまにお菓子に○○○kJ(キロジュール)と表記していることがあります。これは、仕事量のエネルギー単位です。もし出くわしたのなら、単位変換すればいいです。

1kcal = 4.184kJ です。これ、栄養学で厳密に定義されています。

   

どうですか?
エネルギーとカロリーの意味がわかりましたか?
ダイエットは、正しい知識があれば、成功する確率があがりますよ。
がんばりましょうね。

テレビ番組で大反響!大幅減量ダイエット
テレビ番組でエルセーヌの技術力を証明!
ダイエット番組でエルセーヌが大幅減量をサポートしました。
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました