糖質をエネルギーにする「ビタミンB1」摂ってる?

ダイエットレッスン

糖質制限ダイエットをしていても、多少なり糖質は摂ってしまいます。この糖質をエネルギーに変えないと脂肪になってしまうことがあります。

糖質をエネルギーにかえるためには運動も欠かせませんが、それよりも重要なことがあります。

「ビタミンB1」がないと、なんと!エネルギーにならないのです。エネルギーにならないので脂肪に直結する恐れがありますが、なによりエネルギーにならないということは、頭が一日中ボーっとしたり、疲れやすくなります。

「ビタミンB1」はダイエットにも必ず必要な栄養素です。

糖質をエネルギーに変えて太りにくくし、疲労回復にも役に立つ「ビタミンB1」のお話です。

スポンサーリンク

ビタミンB1って何?

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えて疲労回復を助けます。そして、脳の働きを正常にしてくれます。

ビタミンB1の三つの役割
  1. 糖質をエネルギーに変える
  2. 脳を正常に保つ
  3. 疲労回復を助ける

ビタミンB1の三つの働きは、ダイエットに非常に影響します。どう影響するのか、一つ一つ見ていきましょう。

糖質をエネルギーに変えるには絶対必要!

専門的な言葉を使うと、ビタミンB1はチアミンという物質で、体内で酵素のTDP(チアミン二リン酸)に変換されて、糖質の代謝を促します。

……。難しいよ~。

わかるように言うと、糖質を摂ると体内で分解されてブドウ糖になります。ブドウ糖はエネルギーにすることができます。この時のエネルギーにすることができるのがビタミンB1になります。

ビタミンB1がないとブドウ糖は、エネルギーになれないという事です。

!!!
ビタミンB1がないと、ご飯やパンを食べてもエネルギーにならないという事ね!
!!!
えっ?となると、エネルギーにならないとういう事は、体内に蓄えられる?え~太っちゃうじゃん!

そうです。ビタミンB1は非常にダイエットでは重要な栄養素になります。

  

脳を正常に保つのに必要

脳が使うエネルギーは、何かご存知ですか?

  

ブドウ糖です!ブドウ糖のみと言っても良いぐらいです。

ビタミンB1は、ブドウ糖の代謝に働くことで脳にエネルギーを与えています。

ビタミンB1がないと、脳が正しく機能しないことがあるという事です。これは、正しい判断ができない事を意味します。

!!!
誘惑に負けやすくなるという事にもなるね。
ダイエット中にビタミンB1が不足すると、クッキー1枚の誘惑に簡単に負けやすくなるよ。また、運動に関しても明日にしようと先伸ばしにする傾向が強くなります。

ビタミンB1がないと、脳が正常に保たれず目先の誘惑に負けやすくなりますので、注意してください。

今気づいたけど、ビタミンB1が糖質をエネルギーに変えるのを助けてくれるなら、炭水化物を摂ったときはビタミンB1も摂って、積極的に体を動かせば太りにくくなるという事ね。

ビタミンB1が不足すると、脳からの指令で動く末端神経が動かず、運動能力が落ちることがあります。こうなると、ダイエットのための運動も効果が薄れます。

ちゃんとビタミンB1を摂っていれば、もう少し長く走れたかもしれません。筋肉トレーニングも、もうひとメニューできたかもしれませんね。

疲労回復をしてくれる

ビタミンB1が疲労回復に効果があるのは、栄養ドリンクや疲労回復の錠剤などにビタミンB1が含まれていることから、想像はできると思います。

ビタミンB1が直接疲労回復をさせているわけではありません。

ビタミンB1が不足すると、ブドウ糖がエネルギーに変換される前の状態で残り、疲労物質となって溜まり疲れやすくなります。ビタミンB1を摂れば疲労物質は、エネルギーになる回路に戻ってくれて疲労が回復します。

栄養ドリンクや疲労回復の錠剤などで、疲労が摂れる人はビタミンB1が不足している可能性が高いです。普段の食事から積極的にビタミンB1を摂るようにしましょう。

栄養ドリンクや疲労回復の錠剤などでビタミンB1を補っている人は、普段の食事からビタミンB1が摂れていない可能性が高く、そのような状態ではどんなにダイエットや運動をしても、痩せにくいです。

そうですね。ビタミンB1があってはじめてブドウ糖が、エネルギーに変わるわけですから、ビタミンB1不足だとエネルギーが足りない状態になります。
そうなると、運動が続かなくなり、結果やせることはできません。

ビタミンB1の働きは、よくわかったわ。
ところで、ビタミンB1は一日にどの程度摂ればいいのかなぁ?
おすすめ食品があれば教えて!

わかりました。次のページから、具体的にどの程度ビタミンB1を摂ればよいかお話します。

スポンサーリンク

ビタミンB1は、ダイエットにも重要な栄養素です。一日の摂取量に興味がある方は、次ページにそうぞ!
              ☟☟☟

コメント

  1. […] […]

error:
タイトルとURLをコピーしました